anabolicの日記

アナボリックステロイドを実際に使ってみた記録のblogです。オキシメトロン(オキシポロン)メダナボル(ダイアナボル)使用体験 他にもダイエットサプリなども使用体験あり。

アナボリックステロイドとは?

アナボリックステロイドとは、蛋白質を同化させる作用を持ち多くは、男性ホルモン作用もあります。効果は短期間で筋肉増強を目的で使用されることが多いです。普通に筋トレする何倍もの筋肉増強効果が見込めます。

テストステロンが有名で、1935年に発見されて以来使われるようになったが、ドーピングとして、大会などでは禁止されるようになりました。現在では、他にも沢山の種類のステロイドが出ています。

 

安全に使用すれば、普通のトレーニングでは得られないくらいの筋力の増加が見込めるでしょう。

 

筋肉増強剤ランキング

1位オキシポロン(オキシメトロン

 

 オキシメトロンは経口タイプのアナボリックステロイドです。経口薬の中では最強と言われており、別名でアナポロンや、オキシポロンという商品名でも販売されています。こちらのすごいところは、筋トレしなくても高齢者で、筋力の増加が12週間で4,2kgも増えたのです。

2位メダナボル(ダイアナボル)

 

 
ダイアナボル(メダナボル・メタンジェノン)は、1965年に開発されて以来最も使われているステロイドです。とても有名なシュワルツネッガーなどボディビルビルダーの中では、チャンピオンのブレックファーストともいわれるくらいよく使われていました。経口剤で人気があります。

3位プリモノロン(プリモボラン)

 

プリモボランは比較的ステロイドの中では、副作用が少ない薬です。他のステロイドにある女性化乳房の恐れや、肝臓に負担がかかりづらいものです。サイクル終了後のケアサイクルもとらない人もいるようです。副作用が心配な方はこのプリモボランから始めるのもいいかもしれません。筋肉増強効果も少なめです

4ウィンゾロン(スタノゾロール)

 

筋肉増強効果は薄めですが、カッティングサイクルなど筋肉を維持しつつ体脂肪を落としたい人などに人気があります。副作用も少なめです。

 

5アナドリン(オキサンドロロン)

 

 比較的副作用の少ない部類に入るアナボリックステロイド。効果も薄めで、ライトユーザー向け。

 

 

カラダが歓喜するHMBサプリ、遂に日本上陸!
効率的な筋トレでモテモテBODYをゲットしよう!!
★今だけ! 30日分が実質「無料」で★